国産品が日本からナクナル??

【近い未来、日本から国産の農産物がなくなるかもしれない?】

Manilaにいます。今回は仕事の関係もありますが、フルーツ市場(特に柑橘系)も兼ねて、スーパーからローカルなとことまでいろいろ見てみました。

フィリピンは南国なので、始め「フルーツは国産がほとんど!」という予想をしてました。けど、実際に街中のスーパーや市場を見ていると、輸入、輸入、輸入。。。

まるで、輸入市場を見ている様で、国産のものはほとんどありませんでした。

それに、相当安い。

例えば、レモン🍋1個60円(物価もあるだろうけど)日本の値段は、1個130円くらい(どちらもUSからの輸入)勝手な想像ですけど、同じものであれば、きっと末端価格は一緒になるはずなので、USで採れたものがマニラの方が安いということは、日本のレモンより粗悪か時間がたっても腐らない様にいろいろ施されたものなのかな。

おそらく、もっと田舎の市場に行けば地元のものとかを扱っているんでしょうが、まあ人口の多くがこのマニラに住んでいるので、ほとんどの人はこういった街中にあるスーパーで買っているといっていいと思います。

 

 

それで、一番伝わってほしいとことはなにかというと、「この状況は日本も他人事じゃないよってこと。」国内で作ればいいものを、輸入ものをどんどん推し進めて行くとどうなるか。国産→高い→安いものを買う=輸入物。こうなってしまうと、生産者は売れないものは作らない。そしてどんどん廃業に追い込まれていく。その上、中間業者を挟むとまた値段が上がる。

日本人が今、みんな高所得ならいいけど、給料安いから節約、節約でいいもの買えない流れになってきてるよね?

だから、高くてもいいから、いいもの買おう!じゃなくて、直のつながり持とうよ!っということ。野菜は、生産者から買うこと。直で手にはいる仕組みを日本中で作ろう。マージン挟まずにちゃんと売れれば、生産者は喜ぶから!

小さな島の小さなわくわくファームですけど、ちょっと大きなことを考えてみました!